Produce Gallery About FAQ Contact Blog

blog ブログ

ウエディングをはじめ、演出・アイデア、日々の出来事 など、ビジオネ ウエディングの最新情報をお知らせしてゆきます

トップページ  >  ブログ  >  VISIONE
 
Category
All
Diary
Married Life
Wedding
ウエディング考
メディア掲載
Select date
February 1, 2016
Category: ウエディング考

VISIONE

 

2月になりました。少し寒いですね。

 

フリーになったとき、屋号をつけるか、つけないかに、悩んだときがありました。最初は、一人ではじめるのだから、自分の名前をそのまま生かし、近藤雅代プロデュースみたいな、そんな名前もありなのかと笑。

 

ただ、私はフリーになり、何がしたい、どうしたいと改めて考えていたら、自然と屋号をつけたいという気持ちになりビジオネができました。伊語をもじったり、自分なりの解釈を加えてはいますが、この名前には、未来像、構想、理想とかそんな意味を含んでいて、もう少し言えば、結婚式を境に二人のその先が、幸せに広がっていくイメージと、そうなるといいなと・・願いを込めています。

 

私は、ウェディングが好きです。

単純にそれだけの理由でこの仕事をしています。年々そのシンプルさが増しているような気もして、難しいことは一切考えないようになりました。

 

こういう言い方をすると語弊はあるかもしれませんが、結婚式についての私の考えを述べるとすれば、結婚式を絶対やらなければいけないもの、とは思っておらず、‥しない人、したくない人もいるだろう、ということは、理解ができます。様々な理由があり、されないという結論に至る方もいるのだろう・・そこも、理解はできていると思います。

 

ただ、結婚式は、いつ、どこで立ち会っても、「気」の良いものだな、と心から思えます。人の優しさとか、愛情とか、希望とか、感謝とか、後で振り返るとジンわりくるような、そういうものが、その場をいったりきたり・・交換しあっている感じで「気」が良い、と思っています。あと、長いようで短い(その逆の捉え方もある)人生の中で、こういう日があっても良く、むしろ、あった方が良いだろうと。

 

ビジオネの話にもどるのですが、最近は、コンドウさん、マサヨさん、という以外にビジオネさんと言われることが出てきました。そりゃそうか・・なのですが、最初は違和感、少しずつ慣れました。あと、予測はしていたのですが、聞き取りづらい名前のようで、誤って記憶されることも、たまにあります。ビジネスとか、クリオネみたいな名前、とか、ビジ・・えっ?はっ?と・・。だけど、それにも慣れてきました笑。

 

これからも、ビジオネという名前に願掛けをして、ウェディングに立ち会っていきたいと思っています。

今は一人ではなく、仲間がいますので、その願掛けのパワーは増しています。

長くなりましたが、今月もよろしくお願い致します。