Produce Gallery About FAQ Contact Blog

blog ブログ

ウエディングをはじめ、演出・アイデア、日々の出来事 など、ビジオネ ウエディングの最新情報をお知らせしてゆきます

トップページ  >  ブログ
 
Category
All
Diary
Married Life
Wedding
ウエディング考
メディア掲載
Select date
November 15, 2018
Category: Wedding

gallery

 

gallery、ひとつ増えました。

協力をいただいた新郎新婦、ご家族、ゲストの皆様に心より感謝いたします。

初夏のウェディングだったけれど、この写真、これから来る冬を思わせるような・・、とても好きな一枚です。

 

美しい方でした・・

ぜひご覧ください

 

HYDE PARK WEDDING

http://www.visionewedding.com/gallery/42  
Photo by Tsubasa nukii studio6

 

 

GALLERY TOP

http://www.visionewedding.com/gallery

 

 

 

 

November 14, 2018
Category: ウエディング考

ゲンカツギ

 

式の日が近くなると、験を担ぎまくります。自分でも気が付いていない行動も含めるときっといくつもあると思うし、全てがじぶん流ですが。

思いつくところで・・。式のある週は、誘われてもアルコールは摂取しない笑、好物である臭い食べ物及びレアなモノは一切口にしない、時計は右腕にはめる、丁寧に洗車する、晴れた空の下でふたりが笑うイメージを思い浮かべる、昔、新郎新婦にプレゼントしていただいたイニシャル入りのハンカチ(式の日にもつ)を入念にアイロンをかけ祀る、神様、仏様、マリア様、と宗教そっちのけで心の中で成功を祈りまくる、そして、和装のお守りを手でスリスリして家を出発する(だけど、お守りは当日は持ち歩かない、以前に大事なお守りをなくした悲しい想い出あり、雑に扱わないために当日も自宅でお待ちいただく笑)。効果は、歴代の新郎新婦のみぞ知る、ところですが、天気については、99.9%の確率で雨は降っておりません、今のところ‥

 

間際になると、出来るうる限りの願いを込めて、験を・・と思います。

 

 

 

 

 

 

 

November 5, 2018
Category: Diary

November

 

きたきた11月。10月も好きだけど・・

ま、やっぱり秋が一番好きです。

 

初めて会うお客様は、当たり前だけど、だいたいウェブ情報でしか私を知り得ないので、今まで、こういうイメージ抱いてたということを説明して下さいます。昨日は、色々見てたけど、近藤さん、身近に感じたので、と言ってくださった。先日は、ホームページの新婦様がみな綺麗で、連絡するのも戸惑うぐらいだったんですけど、と、神様のようなことを言ってくださった。

 

色んな印象を持って連絡をいただいたと思うけれど、素直に、どちらも嬉しい‥

 

私の印象、ん〜

ABOUTのページと言えば、めったに履かないスカートで遊びに行った先でカメラマンが撮ってくれ(すみません、数年前)、じゃぁこれHPのProfileで使おうとなり、後はヴァンサンカンウェディングに掲載する写真がないからと、近所で友人s夫が撮ってくれたもの。それ以外の積極的にネット上で公開した「顔」あったかな?それほど、写真苦手、表出たい願望ゼロゼロ、もひとつゼロです。

 

ウェディングは、人がつくるもの、想像力のもとで、会おうと思ってくださった方々に心から感謝したいです。

 

さて、

最近、私にとってはなつかしのマライヤキャリーのjapanベストが出たということで、itunesで恐ろしいほどリピートしながら作業したり、移動したり、人に会うギリギリまで聞いてます。昔良く聞いたな〜、この頃、あそこ住んでたな〜とか、余韻に浸り、ものすごくリピート。でも、恐らくは、しばらく聞いたら、プッツリ聞かず、・・忘れ去る。いつもそれの繰り返し。だから、自己分析では、極度の集中型人間。→追加情報です笑

 

秋の空は色っぽいからいいですね。

一分、一秒と美しい変化があって・・

 

今月も良い月にしたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

October 25, 2018
Category: Wedding

Gifu wedding

 

10年経っても一緒にいることができたら、結婚しよう・・。ことしはその10年目でした。

 

ある意味、そのスタートにふさわしいかもしれません笑

 

「大勢の方ですね〜お知り合いですか?」

「いや、まったく・・(新郎)」

 

たまたま四国から旅行に来られていた方々に、拍手喝采、、派手にお祝いをして頂いて、一日はスタート。こういう偶然、自然発生的なサプライズ、とても嬉しくなります。

 

長く続いたお付き合いの間、とにかくアクティブに楽しんできたふたり。特別な日も、景色がきれいで風が吹いて、かしこまらない場所でのウェディングを切望されました。

 

だから、山、川が見えて、開放的なここで。愛車である一台をウェルカムカーにして、朝一、ふたりだけで飾りつけ。とても可愛かった!

 

テーブルは、パンパスグラス、全体的には、好みに添って、かわいた秋らしさを演出。クロスは、川をイメージしてスモーキーブルー。準備中で、まばらだけど、卓上には二人の制作した「鵜」の席札スタンドに、ペーパー系は、美濃和紙で。

 

ブーケは2Wayで、ドレス用にもチェンジを提案、新婦好みのドライブーケは、これからもこのままずーっと眺め続けることができます。

Misa horiba/flower designer

ワンショルダーのドレスは新婦姉様が手掛けられました。新婦含み仲良し6人、金華山を見ながら、「早く前向かせて!」と、ドナタかが叫んでました笑。それほど、華やかで可愛くて、前から後ろから・・とにかく、撮影攻めでした。

 

フードコーディネーターが、秋の美味しいデザートをアートに・・

小さな柿も岐阜名産。手のひらに2個も、3個も乗るサイズ。

 

挙式もパーティーも、風吹く場所で・・

「こういうところで式ができるんだね〜、すごいね〜」

 

ふたりへの賛辞に聞こえ、嬉しい言葉でした。

 

試行錯誤、すんなりたどりついた訳ではないけれど、想いを凝縮させた限られた時間をゲストとどう過ごすか‥ふたりはたくさん考えていました。ふたりの個性、気持ち、大切な方々への感謝が伝わった時間になっていたらと思います。

 

夫婦になっても変わらず、楽しい時を重ねられるんじゃないかな♡と思います。

11年目に向けて、もちろんその先も‥

益々の幸せ、心から願っています。

お幸せに♡

 

 

 

 

October 23, 2018
Category: ウエディング考

ちょっと小耳に‥

 

霜降の候、いかがお過ごしでしょうか。

長野は、既に紅葉が始まっていました。秋の長野は、特に、食材の宝庫ですね。それに、「食」だけじゃない、何と言っても空気がとても綺麗。昔、住んでいたことがあって、毎朝、家を出るたび、肌にピタッっとくっ付くような・・あの空気、あぁ気持ちいいと思った・・あの感覚、訪れるたびに思い出します。

 

最近シーズンだからか、近くに座った方がよく、ウェデイングにまつわる話をしている。なぜだかその頻度がとても高くて、妙に耳に届きやすいのです。今日はランチどき、後ろのマダムたちが、最近、親族の式に出たという話で盛り上がっていて、どっちの土地で挙げたか‥から、引出物のなかみについてのほにゃらら‥まで。随分と細かい話が繰り広げられていました。大勢の人を招く結婚式というのは、いろんな意見があるもので‥。でも、そこを予測するかのように敏感になりすぎるのも、私は違うと思っていて。実際に、その時々で、ふたりと話合って「適度」を見つけていくことにも勤しんだりしています。・・とは言っても、小耳に挟んだその話、頭の中で、私なりの解釈を巡らせ、見ず知らずのマダムのカスタマーボイスに背筋をピンと伸ばさずには居られませんでした。

締めくくり方が、難しいけど・・、ふたりにとっては、人生たった一度あるかないかの夢のような日。「夢のような一日だった」と聞けることが、私は何よりも嬉しいし、その一日を総まとめしたふたりからの言葉だと思うと、あぁ良かったと心から思えます♡夢をみるためのゲンジツをしっかり見ることこそが、私の役割、善きアウトプットをしたいなと改めて思えた時間になりました!